【チムニーピザ窯】ピザを焼く行程を時系列の写真で紹介

チムニーピザ窯でマルゲリータピザを焼く一部始終を、写真を中心に時系列で紹介します。

実際に私が焼いたときの、料理開始からの時間とともに紹介します。
かかる時間も含めて、料理の様子がよくわかるかと思いますし、写真も楽しんでもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フレッシュでおいしいコーヒー豆ならブルーボトルコーヒー。紹介記事はこちら。

直売店

楽天市場店

はじめに―ピザ窯で焼くピザは最高においしい

わが家でチムニーピザ窯を購入してから、早くも1年ほどが経ちました。
以来、毎月1~2回のペースでピザを焼き、家族でピザを楽しんでいます。
窯のほうも、立派にススだらけになりました。

購入前も電気オーブンで焼いて自家製ピザを楽しんでいましたし、それでも自家製ピザはとても美味しいです。
ただ、ピザ窯の方が生地の表面がパリッと焼けるため、ずっと美味しく焼けます。
自分で料理したための満足度も入っての評価になっているかもしれませんが、ピザ専門店と比べても、ひけを取らないおいしさです。

チムニーピザ窯の使い方や、ピザ生地とおいしいピザソースのレシピは別の記事で紹介しました。
火の起こし方や、ピザソースの分量などの詳しいコツについては、これらの記事を読んでいただければと思います。
これらの関連記事は、本記事の終わりにもリンクを貼ります。合わせて読んでいただくと嬉しいです。

本記事では、ピザを焼く様子を時間と写真を中心に、サラッと紹介してみたいと思います。

ピザ焼きの行程の時系列の写真

ここからは、自家製ピザを料理する行程を、時系列で写真を中心に紹介します。
2021年5月の連休中に焼いたピザです。

マルゲリータばかり5枚焼きました。
トマトソースもピザ生地の味も、一番おいしく楽しめるのがマルゲリータですから。

ホームベーカリーの生地ごねが16時過ぎ~18時。
実際の作業はホームベーカリーが終わる直前くらいからがほとんどです。
1枚目のピザが焼きあがったのが19時頃、5枚目のピザの焼き上がりが20時前だったので、ホームベーカリー運転時間を含め、料理に3時間、1時間くらいかけて焼きながら食べる感じのスケジュールです。

下ごしらえ (15:00頃)

水に浸かったまま売っていたモッツァレラチーズを皿に移し、水を切ります。
モッツァレラチーズからは、焼くときに水が出ますが、これがピザを水っぽくしてしまい、味が落ちます。

本当は前夜くらいから水切りしたほうがよいのですが、この日もうっかりしてました...。

ホームベーカリーをスタート 16:10

水、食塩、強力粉、ドライイーストを計ってホームベーカリーにセット。
ホームベーカリーは、ピザ生地コースで運転開始。
わが家のホームベーカリーでは、1時間45分の運転時間です。

生地の材料やレシピは、おいしいピザソースのレシピの記事に載せてあります。よろしかったら参考にしてください。

庭のバジルの葉を採取 17:00すぎ

スーパーで買ってもよいのですが、やはり摘んだばかりのバジルの方が香りがよいです。
洗って水を切っておきます。

ピザソースを用意 17:50頃

ピザ生地とおいしいピザソースのレシピの記事に載せたわが家オリジナルのピザソースは、超簡単レシピ。
トマトとガーリックをすりおろし、塩コショウを混ぜるだけ。

ただし、トマトは農協で買ったばかりの新鮮なトマトを使用します。
手を加えない簡単レシピのため、トマトの美味しさを丸ごとソースにできるレシピです。

今年もやっと、農協の直売所でトマトが出始めたところ。
これから夏にかけて、ピザがおいしくなります‼

生地がこねあがる 18:02

ホームベーカリーが生地を捏ね終わりました。

ピザ生地の発酵開始 18:06

ピザ生地を1枚ずつの大きさに分けて丸めます。
わが家では直径30㎝より少し小さいピザを5枚焼きます。

ラップをかけたら、暖かい場所で発酵開始です。
よい場所が思いつかない場合は、少しお湯を入れたお風呂の蓋の上はおすすめです。

ピザ窯に火をおこす 18:10~18:30

いつもはペレット燃料を使用しています。
今回は、ペレットに少し余っていた木炭を混ぜてみましたが、ペレットだけの方が扱いやすいように思います。

辛抱強くバーナーであぶり続けて安定して燃焼するようになるのを待ちます。
火をおこすだけで20~30分くらいかかります。
火のつけ方や燃料については、チムニーピザ窯の使い方の記事に詳しく書いたので参考にしてもらえると嬉しいです。

安定して強い火力が得られるようになったら、燃料を窯の右側に移動し、左側にピザストーンを置きます。
私はピザがすこしだけ火の向きに傾くように、ピザストーンの左端に小石を敷いています。

ピザ生地の発酵完了 18:33

倍くらいの大きさになりました。

ピザ生地を麺棒で伸ばす 18:35

発酵した球形のピザ生地を、手で上から潰します。
その後、麺棒で平らに伸ばしていきます。

ピザソースとモッツァレラチーズを載せる 18:37

伸ばしたピザ生地は、アルミの皿に載せて、ソースとチーズを載せます。

1枚目のピザを焼く 18:47~18:54

火加減がすこし弱かったりして調整したので、ピザ窯へのピザの投入がすこし手間取りました。
初めの1枚はいつも、火加減が弱くなってしまいがちで難しく、焼くのに時間がかかります。

1枚目のピザ焼き上がり 18:55

バジルを載せて完成 18:56

スライスして、お好みでオリーブ油をかけて召し上がれ。

オリーブ油は、イタリアやスペイン産が人気ですが、わが家では匂いが強いギリシャなどのオリーブ油が人気です。
写真は近所の輸入食品店で売っていて、わが家でとても気に入っているチュニジアのオリーブ油。

2枚目以降のピザを焼く ~19:54

2枚目以降のピザも、生地を伸ばし、ソースとチーズを載せて、焼くという行程はまったく同じです。

ただ、1枚焼いた後だと火加減が調整しやすいため、私は2枚目以降は強い火で焼けて、必ず1枚目よりもおいしく焼きあがります。
焼く時間も、3分以内くらいに短くなっているのではないかと思います。

生地の周りが焦げすぎるのがすこし残念ですが、小さい窯なので仕方がないのでしょうか。
それでもチムニーで焼くと、生地がパリッとして、とてもおいしい焼け具合になります。

食べきれないピザは、もったいないですが、冷めた後でラップをかけて冷蔵庫へ。
翌日、オーブントースターで焼きますが、焼き立てより必ず、味が落ちてしまいます。
仕方ないですが、それでも楽しみです。

ピザの後のエスプレッソ 20:15

やっぱりピザはイタリアの食べ物。
ピザの後のエスプレッソは格別です‼

自家製ピザ用おすすめ商品の一覧

ピザ窯 チムニー

自家製ピザが大変美味しく焼けます。
思いのほか安価に買えるのもうれしいところ。


ホームベーカリー

ピザ生地を手で捏ねるのは結構な労力です。
ホームベーカリーを使うと、材料を入れると全自動でピザ生地ができるので、ピザづくりが一気に手軽になります。

もちろんパン生地の捏ねもできるし、食パンなら焼くところまでやってくれます。
おいしい自家製パンが簡単にできるのも、とても楽しく、オススメです‼


ピザストーンとピザピールのセット

ピザストーンは、ピザ窯だと必要ないのですが、小さいチムニー窯だと、ピザの下の敷くと灰がピザに入りにくくなります。
また、電気オーブンの場合には、ピザストーンを使った方が生地が美味しく焼けます。

ピザピールは、ピザをピザ窯に入れるときに必要です。

次の商品は、ピザストーンとピザピールがセットになっていて、お得な価格設定になっています。ピザカッターとピザサーバーも付属です。


アルミ製のピザ皿

ピザをチムニー窯に入れるときに、これがあるととても便利です。

アルミフォイルで代用可能ですが、ある程度の頻度でピザを焼く方は、ぜひおすすめです!


バーナー

カセットコンロのボンベを装着して使うバーナーです。
とても便利です。

これを使うと、ペレットの火付けはとても簡単になります。


ペレット燃料

チムニーピザ窯の使い方の記事で木炭とペレットの比較をしました。
ペレット燃料は火力が得やすく、便利です。

実は最近、わが家では近所のホームセンターで別のペレットを購入してみました。
結論を言うと、以下のペレットは、長く燃えるので火力が安定して扱いがよいです。

商品の写真に猫ちゃんが写っているのは、ペレットは猫のトイレ用にも使われるらしいです。


エスプレッソマシン デロンギ デディカEC680

わが家のエスプレッソマシンは、クレマがたっぷり楽しめるデロンギ デディカEC680。
機体の姿の美しさも魅力ですが、思いのほか安価です。

デロンギ社のエスプレッソマシン、デディカEC680のレビュー」にレビュー記事も書きましたので、おいしいエスプレッソをおうちで飲みたい方は、ぜひ参考にしてください。


エスプレッソ粉

私のおすすめブランドは、イリーとラヴァッツァです。
どちらもエスプレッソコーヒーの本場イタリアで最高峰の老舗ブランドです。

エスプレッソ豆の頂上決戦!!」という記事を書きました。
ぜひ楽しく読んでいただければ嬉しいです。



関連記事

チムニーピザ窯の使い方とレビュー

チムニー窯の使い勝手を紹介しました。
火の起こし方や、木炭vsペレット燃料の考察、おすすめのアルミ皿の紹介なども。

旬のトマトの新鮮な香りと味わい、酸味までも丸ごと堪能し尽くす超簡単なのに絶品なトマトソースのレシピ

トマトソースだけでなく、ピザ生地のレシピも載せました。
ピザを作るときの分量やコツなども。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピザ
スポンサーリンク
ルル・ザ・タキシード・キャットをフォローする
スポンサーリンク
エスプレッソなおうち

コメント

タイトルとURLをコピーしました