そら豆「ミーノ」とチーズのパンを焼いてみた。絶品ミーノ・ブレッドのレシピ。

最近セブンイレブンで、そら豆を素揚げしたスナック菓子が売っている。

カルビーの「ミーノ」だ。

美味しいのでしょっちゅう食べているが、今回はチーズと一緒にミーノを練り込んでパンを焼いてみた。

予想通り美味しかったので、レシピと共に紹介する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フレッシュでおいしいコーヒー豆ならブルーボトルコーヒー。紹介記事はこちら。

直売店

楽天市場店

調理機器について

パン生地は、ホームベーカリーでこねた。パン生地を手ごねで作るやり方は、よそで調べてください。

我が家のベーカリーは、友人が要らなくなったものを10年ほど前に譲ってもらっもの。

そして、東芝の石窯オーブン。こちらも購入から10年近くたっているが、大変重宝している。

レシピ

以下のレシピで、焼けたパンは、直径15㎝ほど。

人数で言ったら、2~3人分くらいかと思います。

材料

パン生地の材料

  • 水 50ml
  • 牛乳 50ml
  • 無塩バター 10g
  • 砂糖 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 強力粉 150g
  • ドライイースト 小さじ1

生地のに混ぜ込む具

  • ミーノ 1袋
  • チーズ 15g  (我が家で使っているのは写真のものをの一片)

手順

  1.  生地の材料をホームベーカリーに入れ、「パン・ピザ生地」モードでスタート。我が家のベーカリーでは、生地をこねるのに1時間45分かかる。
  2. ミーノは、一個の豆を3~4つに分かれる程度に手で砕いておく。
  3. チーズは、7~8㎜角に切る。
  4. ベーカリーが終わったら、砕いておいたビーノと切ったチーズを生地に混ぜ込み、丸める。
  5. オーブンを200度に予熱をはじめる。
  6. 生地をオーブン皿の上に置き、ラップをかけて暖かい場所で20分ほど発酵させる。我が家では、衣類乾燥機の上に置いたりしてます。
  7. オーブンに入れて、10分~。好みの焼き色になったら出来上がり。
6.の発酵の工程

出来上がり

パンのふっくらした味に、チーズの味が合わさって、おいしいのがチーズパン。

ミーノは生地に混ぜた後もサクサク感が残っており、同時にそら豆の味がアクセントになって、絶妙なパンに仕上がります。

ホームベーカリーのこと

我が家では、ホームベーカリーとオーブンの組み合わせで、パンやピザをしょっちゅう焼いている。

ホームベーカリーで食パンを焼くだけなら材料を軽量するだけだからごく簡単だが、自分でパンを焼く楽しさは思いのほか格別である。

オーブンと組み合わせると食パンだけでなくいろんなパンが焼けて楽しい。

我が家のホームベーカリーは10年ほど前に友人から譲り受けた年季ものだが、ホームベーカリーは最近では5000円ほどで買えるようだ。まだ持っておられない方は、いかがですか? パン焼きたのしいですよ!

 

オーブンのこと

そして、いまどきのオーブンは電子レンジも一体化だし、なにより、ラザニア、パイ、魚のオーブン焼きなど、料理の幅が広がることがうれしい。

我が家では、10年ほど前に購入した東芝の石窯オーブンER-G8がとても重宝している。

いまでも後継機が販売されている。

30Lの容量で、皿の大きさが一辺30㎝だから、アメリカサイズのピザ(コストコで売ってる、巨大ピザです)は到底入らないけれど、ちょうどヨーロッパサイズくらいのピザが焼ける大きさ。

オススメです。

 

更新記録
2020年10月24日 「エスプレッソなおうち」へ移転。
2019年10月8日 「lulutheblackcat’s blog」にて公開。

コメント

タイトルとURLをコピーしました