【21世紀の奇跡のコーヒー豆】フルーティーで素晴らしく爽やかなエチオピア・ゲイシャ、コスパ最高コロンビアの生豆と、新鮮で香り高いコーヒーが楽しめる全自動ロースターの紹介

21世紀になってから発見された途端にコーヒー業界に激震を走らせ高級コーヒーとして取引されるようになったゲイシャという品種があります。
あまり値段が高くなくゲイシャを購入でき、その素晴らしい味わいを堪能できる生豆の通販を紹介
し、レビューします。

ゲイシャとは対照的に、深いコクが魅力で昔から親しまれているコロンビアコーヒー。
最近の我が家では、ゲイシャとコロンビアを交互に、たまに別の品種を楽しむ感じのコーヒーを楽しむコーヒー生活です。
コロンビア・コーヒーのなかでも、格別においしいナリーニョ地方の豆も紹介します。

また、生豆を自家焙煎でき、新鮮で薫り高いコーヒーを家庭で手軽に楽しめる全自動ロースターについても、紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
びっくりするくらいおいしいコーヒー豆ならブルーボトルコーヒー
紹介記事はこちら。

直売店

楽天市場店

おすすめの全自動コーヒーロースター

コーヒーは香りが命。そして、焙煎からの時間・鮮度が決め手です。
焙煎から3-7日ほどがピークで、その後コーヒー豆はどんどん劣化します。

全自動ロースターは、次の理由で大変おすすめです。

  • いつでも手軽に新鮮で最高のコンディションの香り高いコーヒーが楽しめる。
  • 生豆だと、生産者や取扱店のこだわりの豆が種類多くある。
  • 焙煎豆よりはるかに安価で倹約になる。

わが家では、全自動コーヒーロースターを購入してから4カ月経ちました。LITHON RT-01という機種です。

全自動なので、生豆を入れたら、あとはスイッチをひと押しするだけで、美味しいコーヒー豆が焙煎できます
生豆が焙煎豆よりも安価なために倹約につながること、新鮮なコーヒーがいつでも自宅で飲めることが魅力で、大変おすすめです。


この全自動コーヒーロースターについては、使い勝手や使い方を「【家庭用全自動コーヒー焙煎機】LITHON RT-01(KLRT-001B)をレビュー」にまとめてあります。興味がある方は、是非あわせてお読みください。

焙煎機を購入してからわが家では、普段のコーヒーも生豆で買って自家焙煎しています。全自動なので焙煎は簡単です。
でも、生豆からとなると、不良豆を自分でハンドピッキングする手間とか大変じゃないの⁉と思われるかもしれませんね。
コーヒーが好きで自家焙煎していると自称している中で言いにくいのですが、わが家では普段のコーヒーは、一切ハンドピックしてません。生豆が販売されるまでに生産地や販売店でピックしてくれているのをそのまま、焙煎して飲んでいるだけ。
それでも、そこらのコーヒー店で焙煎して売っている豆と比べてすら、段違いにおいしいです。

最高のコスパのコロンビア・コーヒーと格上のナリーニョ

コーヒーロースター購入以来2年経った現在の感想

全自動コーヒーロースター LITHON RT-01 を購入以来、明らかにコーヒーの楽しみ方が豊かになりました。
購入するのはほとんど、1kgあたり2,000円以内の生豆ばかりですが、明らかに日常のコーヒーが美味しくなりました。

コスパ最高!香り高いコロンビア・スプレモ生豆

コロンビア豆は、しっかりしたコクが楽しめる、最もコーヒーらしいコーヒーで、私は以前から大好きです。
松屋珈琲のコロンビア・スプレモは、1㎏あたり1,000円くらいと安価で購入できるのに豊かな香りと味わいが楽しめます。
コスパが素晴らしくよく、おすすめのコーヒー豆です。


2022年5月現在では、いろいろなところでコーヒーの値段が高騰し始めています。
松屋珈琲も例外でなく、2月に1㎏あたり1,069円だったコロンビア・スプレモも、1,717円に高騰してしまっています。
円安と原油高の影響だと思いますが、経済が正常化したら元に戻ることを切に願います。

楽天市場内の松屋珈琲では送料がかかりますが、3,900円以上の商品をまとめ買いすれば送料無料にしてもらえます。

同じコロンビアでも、ナリーニョ地区は味が上!!

わが家では自家焙煎機を購入以来、5カ所の生豆通販サイトで、30種類以上の生豆を購入してきました。

生豆の通販では、焙煎豆以上にさまざまな産地・農園のコーヒー豆を求めることができ、高級コーヒー豆も広く扱っている印象を受けます。
私が大好きなコロンビアであれば、ナリーニョやエメラルドマウンテンのように、同じコロンビアでもグレードの高い地域を指定して購入できます。

コロンビア・ナリーニョは普通のコロンビア・スプレモと同じくしっかりコクがある中で、雑味が少ないうえに、さわやかな酸味が強く香りたち、非常においしいです。
わが家では、コロンビア・ナリーニョを2店で購入してみました。以下の2店ですが、どちらも味に違いはなく、すばらしい味わいの豆です。

自家焙煎だと、多様な産地やグレード、農園まで指定した買い方ができる

生豆を自家焙煎するユーザーは、本当にコーヒーが好きな方が多いのでしょう。
生豆を買うようになって驚いたことは、生産国、豆の品種、生産者などによって区別されるコーヒー豆の種類の豊富なことです。

生豆だと、ルワンダ、パナマ、ベトナムなど、ひと昔前までコーヒー生産国として聞いたことがなかった国のコーヒーが売買されています。
製法(ナチュラル、ウォッシュのほかに、ハニー製法というのもあること、最近知りました)だけでなく、実を摘んだ年月が明記されている場合もあります。

そして、何よりの驚きは、農園名を明記して売っている生豆が大変多いこと。次みたいな感じです:

  • インドネシア/ウエストジャバ・モジャンガルト農園
  • コロンビア/キョート農園
  • エチオピア/G-1グジ・タデ農園

JAで野菜を買うと、生産者の氏名が書いてあるけれど、生産者名が海外まで届くようなイメージでしょうか。

衝撃のさわやかさ、フルーティーで香り高いゲイシャ品種

21世紀の奇跡のコーヒー、エスメラルダ農園のゲイシャ

21世紀に新しく評価が高まったコーヒーにゲイシャという品種があります。
ゲイシャが有名になったのは、2004年にパナマで行われたコーヒー豆品評会のこと

ゲイシャは、20世紀までは評価されていなかった品種です。そういう品種があるのは知られていたけれど、誰もおいしいコーヒーと思っていなかったので見向きもされていなかったということです。
ですので、ゲイシャ品種は、商品として売買されていなかったのでした。

そんななか、2004年のコーヒー豆の国際品評会に、パナマのエスメラルダ農園がゲイシャ豆を出品んし、優勝しました。
一躍有名になったエスメラルダ農園のゲイシャ豆は、ブルーマウンテンと同じかそれ以上の値段で取引されています

わが家でも、1回だけエスメラルダ・ゲイシャを購入したことがあります。
生豆本舗での購入でした。値段の方は、2022年5月25日現在で、100gあたり7,700円です。
まったく雑味がなく、浅煎りで飲むと素晴らしくフルーティーな味わいのあるコーヒー豆です。

日本人の私としては、「ゲイシャ」という名前の由来が気になりましたが、以下の通り日本の芸者さんたちとは関係がないそうです。

”ゲイシャ”という名は、(…中略…)エチオピアにある原産地名に由来し、日本の芸者とは関係ない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ゲイシャ(コーヒー)

リーゾナブルな価格でゲイシャを楽しむ:エチオピア・ゲイシャ

同じゲイシャ品種のコーヒーをエチオピアで栽培したのが、以下のエチオピア、ゲレナ農園のゲイシャです。
素晴らしく豊かなチェリーのような香りが楽しめるコーヒーです。


1㎏2000円を超えるのは、生豆の中では安いほうではないかもしれません。
実際、扱い店の松屋珈琲の中でも、単価が高いほうの部類です。

それでも、このゲイシャの味わいの素晴らしさは、他の豆と比べて高めの値段設定を払うだけの価値は間違いなくあり、コスパは物凄くよいと思います。

わが家でも、はじめて飲んだゲイシャはエチオピア産で、その時にはすばらしくフルーティーな香りとさわやかな飲み口に、大感動しました。
以来、普段家で飲むコーヒーとして、リピート購入の無限ループ中です。

上で紹介したコロンビア・スプレモと同じ2022年5月25日現在の松屋珈琲で、エチオピア・ゲイシャのほうは、あまり値段が上がっていないようです。

ぜひ、おうちカフェのラインナップに、おすすめします!

もちろん、コクの豊かなコロンビア、酸味が魅力のキリマンジャロ、...、と、いろんな種類を飲み比べるのが、コーヒーを楽しむ醍醐味のひとつです。
だからこそ、そこに新しい味覚として、ゲイシャを加えること、おすすめします!

そして、少量ずつ焙煎し、新鮮なコーヒー豆を楽しめる自家焙煎、とってもおすすめです!

松屋珈琲の生豆について

わが家では、いままで5か所くらいの生豆通販サイトで生豆を購入してきました。
扱うコーヒー豆の種類がとても豊富な店が多い中、松屋珈琲は種類を絞る代わりにキログラム当たりの単価を抑えて売ってくれている感じがします。
楽天に出店しているため、購入がしやすいのも魅力です。

まとめ

  • コーヒーを自家焙煎をすると、新鮮な豆でコーヒーを淹れることができる。
  • コーヒー豆は焙煎から3~7日ほどが味のピークで、その後どんどん劣化する。
  • 自家焙煎は、おいしいコーヒーを安価に飲むのに絶対におすすめな方法です。
  • 便利な全自動コーヒーロースター LITHON RT-01 を紹介しました。レビュー記事は、こちら。ぜひ合わせてお読みください。
  • 生豆通販では、新しいコーヒー産出国の豆や、農園まで指定したスペシャルティ・コーヒーが多く扱われている。
  • ゲイシャ品種は、21世紀になってから広まった新しいコーヒー品種である。
  • わが家で30種くらい試した生豆の中で、エチオピア・ゲレナ農園のゲイシャは、素晴らしくフルーティーな香りが楽しめる、特筆すべきコーヒー豆です。
  • 1㎏あたり2,200円ほど(2022年5月現在)で購入できるエチオピア・ゲイシャは、コーヒーの香り高さを考えると、大変格安に思います。おすすめです‼


コメント

タイトルとURLをコピーしました